メイン画像

地球生命圏研究機構

Future Earthの推進に関するワークショップ

日時:2014年5月9日(金)12:45-14:15(90分)

場所:名古屋大学東山キャンパス 減災館1階 減災ホール

主催:名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター

            http://ercscd.env.nagoya-u.ac.jp/

共催:名古屋大学地球生命圏研究機構 (SELIS)

            http://www.selis.hyarc.nagoya-u.ac.jp/

趣旨:国際的な研究枠組みであるFuture Earthに関して、推進の現状を把握し、 参加の仕方を議論する。特に教育・人材育成の側面に焦点を当てる。 想定する主な聴衆は、教員・学生とする。

注)Future Earth:国際科学会議(ICSU)が国連環境計画(UNEP)、国連大学 (UNU)、国際社会科学協議会(ISSC)および有力国の研究資金配分機関 で構成 するベルモントフォーラム(BF)との連携で進めている統合的地球環境変化研究 プログラムであり、研究者コミュニティ以外のステークホルダーとの協働を通して、地域から地球全体の環境保全と持続可能性を追求するところに特色がある。(日本学術会議解説の抜粋) http://www.icsu.org/future-earth

 

                                                      =====プログラム=====

 進行係:神沢 博(名古屋大学教授・環境学研究科地球環境科学専攻)

 趣旨説明(5分):山口 靖(名古屋大学教授・地球生命圏研究機構長、環境学 研究科地球環境科学専攻)

安成 哲三(総合地球環境学研究所長)

   Future Earthの国内外での推進の状況(30分)

林 良嗣(名古屋大学教授・環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター長)

 日本学術会議におけるFuture Earth対応の教育・人材育成の推進の状況(10分)

竹内 恒夫(名古屋大学教授・環境学研究科社会環境学専攻、持続的共発展教 育研究センター兼任)   

 地球憲章やESDなどからみたFuture Earth(10分)

福井 弘道(中部大学教授・中部高等学術研究所副所長、国際GISセンター長)

   Future Earthにおけるデジタルアース(10分)

・高瀬 千賀子(国連地域開発センター長)   コメント(5分)

質疑・議論(20分)