メイン画像

地球生命圏研究機構

SELIS セミナー

日時

2009年4月3日(金) 17:00~

場所

地球水循環研究センター・3F大講義室 (301号室)      

講演者

石坂丞二(地球水循環研究センター 教授)

「海色リモートセンシングによる沿岸環境モニタリング」

講演内容

全海洋の10%に満たない沿岸域は、漁業生産の半分以上を支え、 地球の炭素循環にも重要な役割を果たしているといわれている。一方 で、沿岸域には多くの人口が集中しており、直接的にも間接的にも、 その環境は大きく変化しつつある。近年、リモートセンシング技術に よって、海域の植物プランクトンの濃度を測定することが可能になっ てきており、そのデータが蓄積されつつある。ここでは、沿岸環境の モニタリングに海色リモートセンシングを利用した例として、富栄養 化によってその環境が変化しつつあるといわれている東シナ海域と有 明海での研究例をあげる。