拠点リーダー挨拶
計画の概要
成果の概要
高精度環境変動解析グループ
変動機構解明グループ
統合モデリンググループ
高精度環境変動解析グループ
変動機構解明グループ
統合モデリンググループ
若手横断研究プログラム
サイエンスワークショップ
教育プログラム
国際会議・シンポジウム
国内会議・シンポジウム
会議・シンポジウムSELISセミナー
高精度環境変動解析グループ・研究内容
変動機構解明グループ・研究内容
統合モデリンググループ・研究内容
横断研究プログラム
サイエンスワークショップ
教育プログラム
SELIS横断セミナー
平成19年度一覧へ戻る
日時  2008年3月5日(火) 15:00〜17:00
場所 環境総合館 3階 講義室2
講演者 丸山 めぐみ(環境学研究科 PD)
「Depletion of forests and alteration of rainfall regime in the Brazilian Amazon.」

坂口 歌織(COE-DC)
「サブオーロラ帯における孤立プロトンオーロラとPc1地磁気脈動の観測」
講演要旨 1. 丸山 めぐみ
「Depletion of forests and alteration of rainfall regime in the Brazilian Amazon.」
Tropical forest is responsible for both botanical and biological diversity of the Earth due to its potential evapotranspiration. It is known that more than 50% of precipitation in the Amazon Basin is provided from evapotranspiration of the vast vegetation cover of that region. The primary objective of this study is to find a relationship between deforestation and rainfall decrease in the Amazon, in the last 30 years. The water balance is determined using the equation: E = P ? Q +S, where: E = evapotranspiration, Q = runoff, P = precipitation and S = storage. In this paper, precipitation of different observation stations of the Brazilian Amazon was used for hydrological analysis and Landsat ETM+, TM and MSS imageries were used for detecting deforestation. NDVI (Normalized Difference Vegetation Index) = (NIR ? R)/ (NIR + R) was used for determining changes on vegetation cover of that region. Rain gauge data was used for time variation analysis of observed rainfall (1970 to 2001) of ANA (Agencia Nacional de Aguas, Brazilian Water Agency). As a result, decrease in rainfall trends could be noted in 57% of the analyzed data which occurred in the most converted states of the Brazilian Amazon: Mato Grosso (MT), Para (PA), Rondonia (RO) and Amazonas (AM). All the studied images showed an average deforestation > 30% and deforestation was more intense, in the cities along the highways reaching 70% to 90%. These facts are likely to suggest that deforestation may have a significant impact on the water regime in that region.

2. 坂口 歌織
「サブオーロラ帯における孤立プロトンオーロラとPc1地磁気脈動の観測」
オーロラ帯より低緯度側のサブオーロラ帯では、内部磁気圏のダイナミクスや不安定に起因した現象が、地磁気脈動やオーロラとして地上で観測されることが分かってきている。これらの関係を解明するため、私達は2005年9月から、オーロラ帯の低緯度側に位置するカナダのアサバスカ観測点(緯度:54.7N, 磁気緯度: ~62)で、オーロラと地磁気脈動の観測を行っている。観測装置は、7枚の干渉フィルターを搭載した高感度全天カメラと64-Hzサンプリングの誘導磁力計である。アサバスカでは、オーロラオーバルから赤道側に離れた南の空に孤立したオーロラアークがPc1地磁気脈動と同時に発生するというイベントが頻繁に観測された。本発表では、2005年9月5日に出現した孤立オーロラアークイベントに関する地上・衛星同時観測データの詳細な解析結果と、2005年9月4日から2006年9月3日までの1年間の統計解析結果を報告する。また、これらの地上観測から示唆された、内部磁気圏での波動粒子相互作用領域の形状について議論する。
問合わせ先 世話人: ヘム・カレル・カフレ
(hemu@system.eps.nagoya-u.ac.jp)
ページトップ
Copyrigjt (c) 2004  Dynamics of the Sun-Earth-Life Interactive System.  All rights reserved.