拠点リーダー挨拶
計画の概要
成果の概要
高精度環境変動解析グループ
変動機構解明グループ
統合モデリンググループ
高精度環境変動解析グループ
変動機構解明グループ
統合モデリンググループ
若手横断研究プログラム
サイエンスワークショップ
教育プログラム
国際会議・シンポジウム
国内会議・シンポジウム
研究教育内容変動機構解明グループ・研究内容
高精度環境変動解析グループ・研究内容
変動機構解明グループ・研究内容
統合モデリンググループ・研究内容
横断研究プログラム
サイエンスワークショップ
教育プログラム
変動機構解明グループでは、主に現在の太陽、地球の観測によって得られたデータを解析し、太陽-地球システムがどのように関連しているか、そのメカニズムを解明します。具体的には、太陽エネルギー変動の地球システムへのインパクト機構、水・物質循環の変動機構とフィードバック機構の素過程、および生命圏の気候に対する能動的制御過程の役割という3つのテーマで研究を進めます。研究を進める上で、他の2つのグループとの連携が欠かせません。高精度環境変動解析グループは、地球上に起きた過去の変動を高精度に復元しますが、得られた断片的な情報からその変動がどのように起きて、どのように伝播していったか、解釈する必要があります。過去にさかのぼってその変動のメカニズムを調べることはできませんので、現在の太陽-地球の仕組みから解釈する以外に方法はありません。最先端の太陽-地球の仕組みに関する知見から、過去の変動を解釈して理解することが、当グループの大きな目標です。統合モデリンググループは、数値モデルによって太陽-地球システムに今後起こりうる変動を予測します。複雑な太陽-地球システムを数値モデルで表現するためには、そのメカニズム理解が不可欠になります。太陽−地球の仕組みをできるだけ多く、正確にモデルに組み込み、信頼できる太陽−地球システムの予測につなげることが、もうひとつの目標です。まだCOEプログラムが始まって半年ですので、どのようにすれば上記の目標を達成できるか、グループ内で議論し計画を練っている段階です。今年度は、統合モデリンググループとの連携を図り、現在得られている太陽-地球システムに関する知見を、数値モデルに組み入れていくことを最重要課題として取り組んでいます。また、グループの活性化を図るため、グループ内に4名の若手幹事をおいて、若手主導で研究を進める体制を作りました。
ページトップ
Copyrigjt (c) 2004  Dynamics of the Sun-Earth-Life Interactive System.  All rights reserved.